公務員ボーナス2023について徹底解説!最新情報まとめ

公務員

こんにちは!まーくんです!

現役公務員の方へ

「公務員のボーナス2023年の最新情報が知りたい」「ボーナスってどういう計算してるの?」「ボーナスはいつもらえるの?」

こういった疑問にお答えします。

この記事を書いている私は、公務員歴6年の現役公務員です。

さて、公務員の皆さんにとって待ちに待った年末のボーナス支給時期が迫ってきました。

この記事では、2023年の公務員ボーナスについて、支給額や基準、支給時期などについてまとめました。

さらに、2023年の公務員ボーナスに関する注目すべき情報を詳しくご紹介します。

それではいきましょう!

公務員ボーナスとは?

公務員のボーナスは、一般職の国家公務員や地方公務員に対して、基本給とは別に支給される賞与のことを指します。

公務員のボーナスは年2回、6月と12月に支給されるのが一般的です。

ボーナスの支給額は、各官庁や自治体における予算の範囲内で、職員の勤務成績と職務遂行能力に応じて個別に算定されます。

具体的な算定方法としては、各省庁が定める期末手当支給基準に基づき、職員の勤務成績の評定と、地域手当・扶養手当などが考慮されて決定されます。管理職には職責手当が加算される場合もあります。

公務員のボーナスは、給与のうち大きな割合を占めており、職員の生活に欠かせない定期的な収入となっています。手当ての動向は、公務員の処遇を左右する重要な要素とされています。

以上が、公務員のボーナスについての基本的な解説です。

2023年公務員ボーナスの見通し

2023年の公務員ボーナスは、例年どおり6月と12月の年2回にわたって支給される予定です。

前年度からの引き上げ分が加算される見込みで、支給総額は若干のプラスとなることが予想されます。ただし、消費増税の影響などから支給月数の大幅な増減はないとみられています。

具体的には、6月のボーナスが基本給の2.2か月分、12月が2.25か月分程度になると予測されています。これは2022年度実績から各0.05か月分の増額。総支給月数は約4.45か月分となります。

地域手当や扶養手当、管理職手当などによって個人差が生じますが、全体的には前年並みか少し上回る水準が見込まれています。

経済情勢次第では変動もあり得ますが、2023年の公務員ボーナスは堅調に推移することが予想されます。

以上が、次年度公務員ボーナスの支給見通しです。

公務員ボーナスの支給基準

公務員のボーナス額は、各省庁や自治体が定める期末手当支給基準に基づいて算定されます。

主な支給基準は以下の通りです。

  • 勤務成績の評定結果
  • 職務遂行能力の評価
  • 地域手当や扶養手当などの手当て
  • 管理職であるかどうか

勤務成績の評定はS、A、B、Cの4段階で行われ、SやAの評定者には手当て率の上乗せがあります。

職務遂行能力の評価も手当率に反映され、職責と実績に応じて決定されます。

扶養家族の有無などで地域手当や扶養手当も手当総額に加算されます。管理職には職責手当がプラスされるケースが多いです。

このように、勤務実績と能力に基づいてボーナス月数が個別に算定されています。

以上が、公務員ボーナスの主な支給基準です。

公務員ボーナス2023の変更点

2023年の公務員ボーナスに関して、以下のような変更点が予定されています。

  • 職務遂行能力の評価基準の見直し

職務遂行能力の評価制度が改正され、成果主義の要素がより強化されます。

  • 地域手当の引き上げ

大都市圏を中心に地域手当の上限が引き上げられる見込みです。

  • 扶養控除の拡大

扶養家族1人につきの控除額が増額される予定です。

  • 業務効率化による職員削減

デジタル化推進により定員削減が行われ、ボーナス総額の抑制が図られます。

  • 休暇取得奨励の取り組み

ボーナスの一部を休暇の取得奨励金として支給する試みが行われます。

以上の点が2023年の公務員ボーナスに関する主な変更点です。公務員の方はしっかり確認しておきましょう。

過去の公務員ボーナスの動向と比較

ここでは過去5年間の公務員ボーナスの推移を見ていきたいと思います。

2018年度のボーナス月数は6月が2.15か月、12月が2.20か月で、総額は4.35か月分でした。

2019年度は各0.05か月ずつ増額し、総額で4.40か月分となりました。2020年度以降も緩やかに上昇し、直近の2022年度は6月が2.20か月、12月が2.25か月、合計4.45か月分となっています。

5年間の推移を見る限り、0.05から0.1か月分のマイナス増額が続いており、2023年度もこの傾向が継続すると考えられます。消費税率の変更などのマクロ動向次第ではあるものの、着実に増加基調にあると言えそうです。

過去の実績から判断すると、2023年のボーナス総額は4.45か月分前後になることが予想されます。

なお、私の今までのボーナス推移はこちらの記事「土木公務員の年収は??(まーくんのリアルな年収も公開!)」で見れますので、よかったら読んでみてください。

まとめ

本記事では、2023年の公務員ボーナスについて、支給時期、支給額の見通し、支給基準、変更点などに関する最新情報をまとめて解説しました。

公務員の方にとって、ボーナスは重要な収入の一部を占めています。支給月数や総額の動向を把握することは、生活設計や財産管理の上で欠かせない要素といえるでしょう。

また、増減するボーナス額に応じて、中長期的な視点で家計管理を進めることをおすすめします。

本記事が、読者の皆さんの公務員ボーナスに対する理解を深める一助となれば幸いです。

ここまで、読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました